交通事故治療・むち打ち治療専門院サイト|名古屋 安井接骨院【整骨院】
HOME>交通事故治療の症状

交通事故治療の症状

むち打ち(頸椎捻挫) 【名古屋の安井接骨院【整骨院】】
むち打ちとは、交通事故などの衝撃で頭部が激しく動き、頚部などに障害が発生することをいいます。首や腰の筋肉・靭帯の炎症にとどまるものから、交感神経や神経根に障害が及ぶもの、脊椎本体に障害が及ぶものまで、様々な症状があります。
■主な自覚症状:
頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・首や腰の痛み・コリ・ハリ・手足の痺れふるえ・脱力感・ 胃腸等消化器系統の機能低下・食欲不振

むち打ち症の大きな特徴は、受傷直後には往々にして自覚症状はなく、あるいは現れても 軽い痛みだけという点です。
たいていは受傷の1~2日後から症状が現れ、また最も強くなることが ほとんどです。受傷から1週間たってから発症するケースもあります。

事故に遭ったら無症状でも受診を!!!

事故の時点で外傷や自覚症状はなくても、しばらくしてからさまざまな症状が現れることもあります。 放置すれば回復が遅れ、日常生活に支障をきたすことにもなりかねません。 また、頭を打った場合には、脳の血管に障害が起こっている可能性もあります。からだへの衝撃を 軽視しないようにしましょう。
交通事故の外傷【名古屋の安井接骨院】
交通事故による外傷とは、捻挫・打撲・脱臼・骨折などを患います。
手足の運動障害・関節を動かすと痛い・痺れ等の自覚症状が出ます。

上記で心当たりがあれば、以下のような可能性が!

  • 筋肉の損傷
  • 靭帯の損傷
  • 椎間板の損傷
  • 神経の圧迫、損傷
  • 血管の損傷
  • 骨の損傷
  • 脊髄の損傷
  • 炎症
すぐにお問い合わせくださいませ! 上記症状の他にも、気になる点等ございましたら、お気軽にご相談ください。
問い合わせ